重量による運動性がわすかに劣る

ステーションワゴンは荷物が乗せやすい、室内も広く使えるなどメリットの多い車です。そのため、家族を中心にセダンからの乗り換えも多く人気が高くなっています。SUVと人気を分けるという意見もありましたが、セダンからの乗り換えしやすいと考える方も多く、ステーションワゴンの方が売上はよいようです。しかし、ステーションワゴンについてはいくつか残念に考えている方も少なくありません。その1つは運動性能がセダンよりも劣るということです。


車の設計上、重量配分がとても大事になるのですが、FF、FR双方のどちらでもステーションワゴンは配分がよくないことが多いです。その上、荷物を載せるわけなのでどうしても配分的にはセダンに劣ると言われています。しかし、多少、重量配分が悪いとはいえ、電子制御などで運転をサポートしますので一般的にはそれほど良くないと考える方も多いようです。SUVと比較した場合には車高の低さなどで運転のしやすさは良いです。目線を高くとれたほうが良いとい方も多いですが、好みの違いでもあります。ステーションワゴンは重量バランスは若干劣りますが、荷物を積める、室内が広いという利点は欠点を消し去り、使いやすい車として人気が続くと考えられます

Filed under: 未分類 — あり 3:48 PM