すぐれた収容能力の荷室があるステーションワゴン

椅子と観葉植物ステーションワゴンの大きな魅力と言えば収容能力の高さです。
ボディが長めの作りになっていますので、その分沢山の荷物を載せる事が可能です。また、ラゲッジスペースが同一空間にあるのも収容能力が大きい理由と言えます。セダンの場合ですとトランクルームが独立したスペースになっていますので、荷物を積めるスペースが狭くなってしまいます。ワゴンなら運転席からラゲッジスペースまで一体の空間になっていますので、絶対的なスペースが広くなっているのです。
通常の状態でも沢山の荷物を載せる事が可能ですが、後部席をアレンジする事によってさらに多くの荷物を積む事も可能です。アレンジをする事で長い荷物も載せられるようになりますので、例えばスキー板や釣り竿などを余裕を持って載せる事ができます。車種によってはある程度の高さもありますので、長さがあり、背が高めの荷物も載せる事が可能です。


大容量を活かして沢山の荷物を載せるのも良いのですが、荷物を載せる以外にも車中泊を楽しむ為にも役立つと言えます。後部席を倒せば人が横になれる位のスペースができますので、アウトドアを楽しむ際にも役立つボディタイプなのです。
非常に使い勝手の良いボディタイプですので、幅広い用途に活用できます。